読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アーユルヴェーダ日記

アーユルヴェーダを中心に、こころとからだのために実践したこといろいろ。

スリランカでアーユルヴェーダ5 まずは体を慣らす事から

f:id:ayurvedanikki:20161117205113j:plain

アーユルヴェーダ1日~4日目。

 

ゆっくりとトリートメントを受ける日々です。

 

私は15日間 アーユルヴェーダ治療を受けるので、

ヒルヴィラでは簡単なパンチャカルマを受けました。

パンチャカルマとは「5つの方法」という意味で、

アーユルヴェーダの究極のデトックス方法です。

一応ちゃんと説明すると…

 

5つの方法とは、

・ナスヤカルマ(オイルの点鼻療法)

・ワマナカルマ(嘔吐療法)

・ヴィレーチャナカルマ(下剤療法)

・ワスティカルマ(浣腸療法)

・ラクタモークシャナ(瀉血療法)

のことです。

こういった処置を通して

体からアーマ(未消化物・毒素)を

排出することを目的としています。

本格的なものは長期間の治療が必要ですが

ヒルヴィラでは2週間がひとつの目安のようです。

(施設ごとに基準は多少違います。

個人の体調や症状でも違いはあると思います。)

パンチャカルマは

前処置(体を慣らす)

→本処置(徹底デトックス

→後処置(回復させる)

という流れで行われます。

私の最初の4日間は前処置にあたります。

 

私のスケジュールは、1日目~4日目は

・アヴィヤンガ(全身オイルマッサージ)

・ヘッドマッサージ

・フットマッサージ

・フェイスマッサージ

が多かったです。

コンサルテーションで鼻炎があると言ったところ

・インハレーション

というものもやってもらいました。

 

朝食後、レストランで待っていると

担当するセラピストさんが呼びにきてくれます。

みなさん笑顔で手を合わせて

「Ayubowan(アユボワン)」

という挨拶をしてくれます。

「Ayubowan」はスリランカの挨拶で、

「長生きでありますように」というような意味です。

「おはよう」「こんにちは」「こんばんは」…

すべての挨拶に使用可能らしいです。

便利!

しかも響きがいいですよね。

アユボワン…なんとも穏やかな響きです。

 

マッサージルームは

レストランから直結していて

歩いてすぐのところにあります。

…ここ、けっこう年季がはいってます。

お世辞にも綺麗とはいえません^^;

しかも、ドアはあったりなかったりだし、

窓も開けっ放しだったりするので、

ちょっと外に見えてしまったりします。

そんな環境でほぼ裸で過ごすという…。

日本では絶対にありえないことです。

でも慣れというのは怖いもので、

後半は気にならなくなりましたが…。

 

アヴィヤンガはセラピスト2人1組みで行われます。

やはり本場、サロンを脱いで、パンツ一丁です。

最初はちょっと恥ずかしいですが、

だんだん気にならなくなってきます。

南国パワーでしょうか…^^;

仰向けで横たわり、前面から行います。

足下から行い、上にあがってきます。

力加減は優しめで、オイルはたっぷりでした。

優しめのマッサージが好きなのでありがたかったです。

私の場合はアヴィヤンガについては

ほとんど毎回同じセラピストさんがついてくれたので(しかもベテランさん?)

安心して受けることができました。

優しいけど捉えるタッチだったなぁ…。

 

ヘッドマッサージは、

オイルはかなりカレーっぽいにおいがしました。

(ハーバルオイルは体質によって

処方されるものが違うと思います。)

髪や頭皮を触られると

自動的に睡魔に襲われる体なので、

ぼーっとしながら受けていました。

肩までやってもらえるので、終わるとかなりすっきり。

ただ、ヘッドはセラピストさんによって

かなり力加減が違ったように感じたので、

それについては要望を伝えた方がいいかもしれません。

ヘッドは全部男性セラピストだったからかなぁ…。

ちょっと強いな〜…という時があったのですが

私は言えませんでした!(小心者)

 

f:id:ayurvedanikki:20161116201741j:plain

フェイスマッサージやフット、ハンドなどは

中庭で行われます。

フェイスはアロエのクリーム、

他の部位はオイルを使っていました。

マッサージ用のベッドが

やしの木の木陰に常に何台も置いてあり、

そこで受ける事が出来るのですが、

見上げればこんな感じです。

葉ずれの音、波の音、鳥やリスの鳴き声を聞きながら…。

最高です。

ただ、木陰といえど日差しは半端ないので、紫外線も強烈です。

絶対に油断してはいけません^^

 

インハレーションは、

ボディと同じ様にベッドに横になって受けます。

ベッドの下に

ハーブをグツグツと煮出した鍋が置かれ、

うつぶせになってその蒸気を吸う、というものです。

優しい香りですが、蒸気はちょっと熱め。

温度については

セラピストさんがかなり気にしてくれるので

熱いです、とかは言いやすかったです。

顔だけのサウナみたいなかんじで面白かったです。

ついでに顔ヤセしないかな~とか…(特に変化無し)

15分程度?やって、それが終わるとナスヤを行います。

ナスヤとは鼻にオイルをたらし、吐き出す方法です。

首から上の不調にいいとされています。

美人ドクタータラニが来てくれて、

直接指導してくれました。

まず寝た状態で

ドクターが私の鼻に数滴オイルをたらし、

ずずーっ!と勢いよく吸います。

少しすると喉にそのオイルが流れてきます。

それを吐き出し、塩水で口の中をすすぎます。

オイルが鼻の奥に流れると

かなりつーんとするのですが、

ドクターが上手よ〜と励ましながら

サポートしてくれたので、心強かったです。

 

終わって部屋に戻ってもオイルが少し流れてくるので

自分の部屋で吐き出し、口をすすぎます。

インハレーションは前半に3回やりました。

劇的にすっきり!とまではいかないけど、

ちょっと通る様になった気がします。