読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アーユルヴェーダ日記

アーユルヴェーダを中心に、こころとからだのために実践したこといろいろ。

スリランカでアーユルヴェーダ4 セレモニー

アーユルヴェーダ スリランカ

 

コンサルテーションを終え、

必ず行われるのがセレモニー、儀式です。

 

治療には直接関係ないことなのかもしれませんが、

印象的だったので記しておきます。

 

儀式?なにそれ?と思われるかもしれませんが、

治療が上手く行きます様に、と、

ドクター自ら祈ってくださるのです。

こういった事をしてくれるというのは知らなかったので、

不思議な感覚だったし、嬉しかったです。

 

f:id:ayurvedanikki:20161113223653j:plain

ヒルヴィラのエントランスを

入ってすぐのところに仏様がいるのですが、

そこで靴をぬいでから、手を合わせます。

私の手には、紐(というか綿の糸)がかけられます。

この糸は、お寺に行って、

お祈りをしてもらった糸なんだそうです。

それから、お線香をたいて

お祈りの言葉を唱えてくれます。

そのお祈りの言葉は結構長いのですが、

スリランカ人なら誰でもすらすら言えるそうなのです。

 

勿論スリランカの言葉は私にはわかりませんが、

こうやってゲストひとりひとりに

気持ちを向けてもらっていること、

仏様に見守ってもらえることが、

とてもありがたいな、と嬉しくなりました。

 

f:id:ayurvedanikki:20161113223825j:plain

お祈りが終わると、手にかけられた紐を

何重かにして、手首に巻いてくれます。

この糸は、すべての治療が終わるまでつけておきます。

ご加護がありそうです。