アーユルヴェーダ日記

アーユルヴェーダを中心に、こころとからだのために実践したこといろいろ。

スリランカでアーユルヴェーダ3 コンサルテーション

f:id:ayurvedanikki:20161109200240j:plain

アーユルヴェーダ治療1日目。

アーユルヴェーダでは、治療が始まる前に

まずはコンサルテーションを受けます。

私の場合は初日の午後に行われました。

 

基本的にはコンサルテーションの前に、

ドーシャ(体質)診断のための質問表が配られるので

チェックをしてスタッフに渡します。

英語表記だし、結構量があるので

回答するのに時間がかかりました。

(でも、コンサル中、

ドクターはそれをほぼ見てなかったなぁ…。

補助的な意味なのかもしれません。)

 

また、英語が出来ないので、

スリランカに行く前に、

気になる症状や病歴、生活サイクルなどをメモし、

英訳しておきました。

私の悩みは長年繰り返すニキビ、

鼻炎、背中の痛みなどです。

あとは、体重も少し減るといいなぁと。

 

コンサルテーションを行うのは

ベテランドクター、ドゥミンダさん。

そして横には美人ドクター、タラニさん。

2人のドクターが担当してくれました。

そして、サポートとしてスタッフのガネーシャさんも同席。

 

言語はどうしたのかといいますと…

ドクタードゥミンダさんはシンハラ語で話し、

それをスタッフのガネーシャさんが英訳、

英訳を幸代さんが日本語へ、と、

3言語が飛び交う空間となっていました^^;

 

コンサルテーションは、

まずは問診からはじまります。

ドクターからは体のてっぺんから順々に質問されます。

頭痛はあるか?目は?鼻は?肩は?などなど…

かなり細かに聞かれます。

 

問診が終わると、

ベッドにうつぶせになり、

軽く触診を行いながら全身ひと通りみてもらいます。

 

そしていよいよ脈診。

(※アーユルヴェーダでは、

脈をとってドーシャ(体質)の診断をします。

体の不調に加えて

メンタルの状態もわかったりするようです。)

ドキドキしながらドクターの言葉を待っていると、

「ピッタ・ワータ」とのこと。

おお~。

自分では「ワータ・ピッタ」だと思っていたので少し意外でした。

同じくらいあるけど、少しワータが多いかな~と。

ちょっと予想外だったけど、

この日の診断は自分のなかのピッタな部分を

見直すきっかけになった気がします。

メンタルについては、

「なにか不安なことがある?」と言われました。

パッと思いあたることはありませんでしたが、

気持ちが安定しているタイプではないので、

そういう部分が出たのでしょうか…。

 

さて、コンサルの結果ですが…

ドクターからの指摘は、

・消化力が低い

・免疫力が下がっている

・背中の痛みは毒素のせいかも

・ニキビ…水分が足りていない。ミネラルが不足。

・3つのドーシャとも上がっている

などでした。

そして極めつけ。

はっきり「毒素が溜まっている」、と…!!

……来たかいがあるってもんです。

 

そして治療方針。

・ピッタをバランスする食事をとる

・食事量は普通(足りなかったり多かったら言う)

・オイルの多い食事は向かない

・グリーンスープは◎

・とにかく水を飲む。白湯ではなく常温の水でOK

・ライムジュースは飲まない事

などなど。

滞在中に飲む薬についてもここで決まります。

 

やっぱりピッタを下げるための処方が多いですね…。

ピッタの食事は、

苦味、渋み、甘みを取るのがいいとされています。

反対に、酸味、辛味はピッタをより増やすので

あまり取らないほうがいいとされています。

ライムジュースのような

酸味の強いものは駄目ですね…。

でも、なんでライムジュースだけ駄目なんだろう?

と思ったら、

ドクターいわく、欧米のお客さんは

食事の時にライムジュースをよく頼むんだそうです。

「でもあなたの場合はそれ真似しちゃ駄目だよ〜」

とのことでした。

白湯でなく常温の水で、というのもピッタ向けですね。

実は白湯を飲むのが少し苦手だったので、

水でもいいと言われて気が楽になりました。